西岡動物病院

診療案内
里親探し
ボランティア活動
お問合せ
リンク
トップへ

動物の病気・ケガ


病院だより

 

この病気は尿石がたまると膀胱が傷ついたり、排尿が困難になり、尿が全くでなくなると非常に危険で命にもかかわります。

下部尿路疾患とは・・・

下部尿路(膀胱から尿道の出口)におこる病気のことを下部尿路疾患といいます。猫に多い病気は、膀胱や尿道に砂や石のような物質(尿石)がたまってしまう「尿石症」という病気です。
尿石症について
尿石症の原因
アルカリ性の尿
尿がアルカリ性に傾いてしまうとストルバイト尿石ができやすくなります。
尿中のミネラルなどの量の増加

尿中に排泄されるマグネシウムやカルシウムなどのミネラルが多くなると、それらを材料とした尿石ができやすくなります。

尿量の減少

寒すぎたり、ストレスがたまったり、太りすぎやトイレが汚れているためにトイレをしないことが続いたり、水を飲む量が減ったりして尿量が減ると、尿石ができやすくなります。

症状

頻繁にトイレに行って少しずつ排尿するようになります。

トイレ以外の場所で排尿したり、背中を曲げたり痛くて声を出して排尿したりします。

血が混じって赤い色の尿が出たりします。

尿道に結石がつまり、排尿が困難になると膀胱に尿がたまってお腹がはれたりします。放っておくと尿毒症にまで至り、非常に危険です。

予防

尿石ができにくいように配慮されたキャットフードを与える。

定期的に尿検査をして尿の成分や結晶細菌の有無、尿のPHなどを調べる。

 

尿結石の種類に「ストルバイト」と「シュウ酸カルシウム」というものがあります。
この尿石の原因となる物質の濃度が濃くなると、通常尿に溶けていた状態のものが溶けきれなくなり、結晶となってしまいます。それが固まったものが砂や石の状態になります。これらに基づき成分を調整された食事を与えることで尿石になる可能性を低くすることが期待できます。