西岡動物病院

診療案内
里親探し
ボランティア活動
お問合せ
リンク
トップへ

動物の病気・ケガ
 
カメは体の具合が悪くてもすぐに気づくのが難しいです。そのため、突然「死んでしまった。」というケースも少なくありません。
様子がおかしい時や下記の症状があるときは病気の可能性もあります。早めに当院にお電話(0766)28-1121ください。
食欲がない
代謝性骨疾患
呼吸器感染症
便秘
肝不全
その他、さまざまな病気が考えられる。
・環境温度や湿度が適切でなかったり、日光浴が十分にできないと、代謝が低くなり食欲が低下。環境を改善する。
・ケージが狭く食欲が低下。
・気温が低いので冬眠の準備。
・食欲がなく体重が増えている場合は産卵期の可能性あり。
元気がない
代謝性骨疾患
呼吸器感染症
便秘
その他、さまざまな病気が考えられる。
・環境温度、湿度、光の照射などが適切でない場合は、改善すること。
・夜行性のカメは昼は活動しないこともある。
・カメは寒い季節は健康でも寝ていることが多い。
便がでない
便秘
膀胱結石など
その他、さまざまな病気が考えられる。
・リクガメは水分不足で便秘になりやすい。水を飲ませたり、温浴をすると解消される場合もある。
下痢をしている
寄生虫症
呼吸器感染症
卵停滞
その他、さまざまな病気が考えられる。
・環境や温度が適切でない場合、消火器管の働きがにぶり、下痢をすることがある。
泳ぐとき体が傾いている
呼吸器感染症など
・要検査
目が開けにくい・腫れている
代謝性骨疾患
呼吸器感染症など
・要検査
歩き方がおかしい
代謝性骨疾患
ケガなど
・要検査
鼓膜が腫れている
中耳炎など
・環境や温度が適切でなかったり、日光浴が十分にできないと、代謝が低くなり食欲が低下。環境を改善する。
・ケージが狭く食欲が低下。
・気温が低いので冬眠の準備。
・食欲がなく体重が増えている場合は産卵期の可能性。
鼻水をだしている
ビタミンA欠乏症
呼吸器感染症など
・環境や温度が変化したことによる場合もある。
口や鼻から泡をふいている
日射病
熱射病など
・要検査
口をあけていたり、悪臭がする
口内炎
便秘など
・口を開けたままになっている場合は要検査
甲羅が柔らかい、変形、でこぼこしている
代謝性骨疾患など
・甲羅が柔らかい種類のカメもある。
甲羅に傷、出血、炎症がある
甲羅外傷
甲羅損傷など
・要検査