西岡動物病院

診療案内
里親探し
ボランティア活動
お問合せ
リンク
トップへ
動物の病気・ケガ

 
どうも鳥の様子がいつもと違う!
気がついたらすぐに動物病院に。
様子がおかしい時や下記の症状があるときは病気の可能性もあります。早めに当院にお電話ください。
当院では、繁殖用や減量用の栄養のバランスの整ったフード(ペレットタイプ)を販売しています。お求めの方はお電話(0766)28-1121、またはファックス0766-28-1161にてお問い合わせください。
当院では、コンパニオンバードを対象とした検査部門をCompanion Bird Laboratories(CBL)の協力により各種検査をおこなうことができます。

検査項目
遺伝子検査オウム類の嘴・羽毛病、セキセイインコのヒナ病、ヘルペスウィルス感染症、鳥クラミジア症、アデノウィルス感染症、マイコプラズマ病、サルモネラ症、鳥結核症、ヘリコバクター感染症、カンジダ症、アスペルギルス症、クリプトコッカス症、雄雌識別
細菌検査(細菌および真菌の分離・同定・薬剤感受性試験 )
病理検査(病理解剖検査、病理組織検査)

検査の所要時間は約10日間かかります。詳細については、病院スタッフまでお問い合わせください。
羽毛を膨らませている・・・・・・・ あらゆる病気の症状
眠ってばかりいる・・・・・・・・・・・
あらゆる病気の症状
腹部が膨らんでいる・・・・・・・・・
腹水、卵秘、卵性腹膜炎、肝臓病、腫瘍
頭が傾いている・・・・・・・・・・・・・ 耳炎、神経障害
肛門から赤いものが出ている・・ 総排泄腔脱、卵管脱
食べているのにやせる・・・・・ 内部寄生虫、痛風、肝臓病
目が突出している・・・・・・・ 副鼻腔炎、眼球炎、腫瘍
まぶたが腫れている・・・・・・・・・
呼吸器疾患、結膜炎
鼻腔が詰まっている・・・・・・・・・
呼吸器疾患、鼻炎、副鼻腔炎
くしゃみ・鼻水・・・・・・・・・・・・・ 呼吸器疾患(カゼ)
呼吸音異常・・・・・・・・・・・・・ 呼吸器疾患、甲状腺腫
口の中に粘り気がある・・・・・ 菌や真菌の増殖・炎症、トリコモナス症
ツメが欠損している・・・・・・・ 外傷
ツメやくちばしに出血斑がある・・
肝臓疾患、外傷
くちばしの伸びが異常・・・・・・・
肝臓疾患、栄養障害
くちばしの色が薄い(ブンチョウ) 貧血、換羽
くちばしの色が紫(ブンチョウ)・・ チアノーゼ
くちばしの根元に白い粉・・・・・ 疥癬
羽毛の色が変化している・・・・・ 肝臓疾患、栄養障害、毛引き症
羽毛が派手に抜けている・・・・・
毛引き症、肝臓疾患、PBFD、BFD
足の関節に黄白色の塊がある・
腹水、卵秘、卵性腹膜炎、肝臓病、腫瘍
フンが大きく回数が少ない・・・・ 産卵の兆候、卵管炎、腫瘍
黒色のフン・・ 消化管出血による血便
尿酸の黄色化・・・・・ 肝臓疾患
生あくびが多い・・・・・・・ 口腔やそのうの炎症
まきちらすように吐く・・・・・・・・
消火器疾患、中毒
水をたくさん飲む・・・・・・・・・
多くの病気の症状
羽をかじって食べる・・・・・・・・ ミネラル不足、内部寄生虫
深夜突然騒ぐ・・・・・・・・・・・・ ワクモ症、パニック
止まり木に止まれない・・ 衰弱、骨折、脱臼、脚気、痛風