西岡動物病院

診療案内
里親探し
ボランティア活動
お問合せ
リンク
トップへ

動物の病気・ケガ
赤ちゃん犬の健康管理
伝染病ワクチン
狂犬病、フィラリアについて
ノミ・ダニについて
避妊・去勢手術について
食餌について

年に1、2回は健康診断を受けましょう。

糞便検査・尿検査だけでもある程度の健康チェックが行えます。時々ウンチやおしっこを取り、病院で健康チェックを受けてください。病気が進行してからでは費用も治療期間もかかります。
こんなことに気をつけて!Q&A
Q1.子犬の食欲がなく夜なきがひどいのですが・・・。

A1.睡眠不足や遊びすぎが原因で食欲不振や夜なき、体調不良を起こす場合があります。1日15時間から20時間の十分な睡眠をとりましょう。

Q2.夏の暑い日の散歩はどうすればいいですか?
A1.犬は暑さが苦手な動物です。日中の散歩を避け、早朝や夕方の涼しい時間帯に行うようにしてあげてください。熱くなったアスファルトで足の裏を火傷したり熱射病になる犬もいます。クーラー病にも気をつけましょう。特に子犬や老犬の管理には注意してください。
Q3.寒いときの対策は?
A3.子犬(生後4ヶ月位まで)や老犬は温度調整ができにくいので保温器具を使用しましょう。その際低温火傷に注意しましょう。
【歯について】
乳歯の生え変わりは16週齢から永久歯が生え始め、6〜7ヶ月めで全部の永久歯が生えそろう。乳歯は全部で28本、永久歯は全部で42本。
【はみがきについて】
歯磨きを嫌がらずにできるよう、子犬と遊ぶときに遊びの一環として口の周りや歯を触るようにしてみましょう。そうすれば、歯磨きをするときに怒らずに触らせてくれるようになるはずです。水でぬらしたガーゼで歯を拭いてあげると歯石予防になります。

【散歩の運動量について】

超小型犬の場合・・・室内で走り回る程度。
小型犬の場合・・・1回20分(1日2回)

中型犬・大型犬の場合・・・1回40分〜1時間(1日2回)

その日の体調や天候、年齢によって調整してあげてください。