西岡動物病院

診療案内
里親探し
ボランティア活動
お問合せ
リンク
トップへ

動物の病気・ケガ
赤ちゃんの猫の健康管理
伝染病ワクチン
ノミ・駆虫について
避妊・去勢手術
食餌について

年に1回は健康診断を受けましょう。

糞便検査・尿検査だけでもある程度の健康チェックが行えます。時々ウンチやおしっこを取り、病院で健康チェックを受けてください。病気が進行してからでは費用も治療期間もかかります。
こんなことに気をつけて!Q&A
Q1.トイレで排泄しないのですが・・・。

A1.トイレをきちんと掃除して清潔にしてあげてください。トイレが汚いとそこで排泄をしません。

Q2.夏の暑い日はどうしてあげればいいですか?
A1.室内飼いの場合、換気や風通しに注意し、特に飼い主が留守中の閉め切った部屋は高温になりやすいので熱射病にならないように気をつけましょう。クーラーや扇風機の風が直接あたらないように気をつけましょう。
Q3.寒いときの対策は?

A3.シャムなどの純血短毛種、子猫、老猫は寒さに弱いので保温に気をつけましょう。事故がおきないように、いたずらしやすい部分にゴムホースを通したり、ビニールテープを巻くなどの対策をとってください。

【歯について】
3ヶ月めから永久歯が生え始め、6ヶ月めで全部の永久歯が生えそろう。乳歯は全部で26本、永久歯は全部で30本。
【はみがきについて】
歯磨きを嫌がらずにできるよう、子猫と遊ぶときに遊びの一環として口の周りや歯を触るようにしてみましょう。そうすれば、歯磨きをするときに怒らずに触らせてくれるようになるはずです。水でぬらしたガーゼで歯を拭いてあげると歯石予防になります。